マンション管理会社をランキングで探す|安心お任せセンター

住宅

マンションは管理が重要

部屋

管理会社に委託する方法

色々な資産運用がある中で、遊休地を持っている人に最適なのが不動産投資です。その中でも安定した収入を得られるのがマンション投資です。マンション投資で一番の問題は空室が出ることですが、大規模マンション経営なら、多少の空室が出ても他の部屋の家賃で十分に賄えます。はじめてマンション投資をする場合、マンション管理会社とパートナーを組むと資産運用がスムーズに行えます。大規模マンションになるほどオーナー自身で管理するのは難しくなります。マンション管理会社に委託すれば、住民のトラブルや家賃の滞納などの問題にも対処してくれます。設備管理業務まで委託すれば、オーナーは何もしなくても毎月の家賃収入が入ってくるのです。

契約毎に入札する仕組み

ただしマンション管理会社に業務委託すると委託料を支払うことになりますが、それを上回るメリットがあります。ただしマンション管理会社に全てを丸投げしてしまうと、住民の不満などを吸収できなくなるので、家賃に関してだけはオーナーが管理するなどの工夫が必要です。そうすることによって住民の不満や意見などを直接拾い上げることができるからです。また同じマンション管理会社だけに委託するのではなく、契約を区切って定期的に入札する仕組みにすることで管理業務の質を高めることができます。マンション経営をする場合、建設資金の問題があります。不動産コンサルタント会社の中には建設資金の融資から、マンション管理までやってくれるところがあります。それらの会社とパートナーを組むという方法もあります。